居場所の追求

日本家屋の部屋

早めに相談する

家にねずみが出たら、それはすでに家の中にねずみの巣があるということです。 ねずみの被害については、みなさんはあまり想像できないと思われますが、被害は想像以上に深刻になることも多いものです。 ねずみは本来、夜に活動する動物なので、夜に家人が眠っている間に、ごみや配水管、壁などを食い荒らします。家のなかに黒っぽいしみや、黒い砂粒のような糞が落ちていたら要注意です。 中には、クローゼットにねずみが侵入して、お気に入りのコートをかじられて、ねずみが見つかったという例もあります。 ねずみ駆除は生活の安全に関わりますので、見つけたら、すぐにご相談ください。 ねずみ駆除はどうしたらよいのか、と申しますと、連絡を受けた業者が、まずねずみの巣を見つけて、ねずみの活動経路を発見いたします。そこでねずみの活動経路とねずみ捕りが行われるわけです。

生活の安全のため

ねずみ駆除はおおむね1週間ほどで完了します。ねずみが繁殖しそうな場所は綺麗にホームクリーニングし、ねずみがかじった穴は塞ぎます。そして、ごみの整理をします。ごみ袋はねずみが狙って食糧とするため、すみかとなりやすい場所です。 ねずみは隣人の引っ越しの際に家に入り込む場合もあるため、必ずしもご自分の責任ではない場合もありますので、一概には申せませんが、ねずみ駆除はそうした場合にも有効的に効果を発揮します。 ねずみを見つけたら、即業者にご連絡ください。早めに駆除しないと、ねずみは次々と繁殖して数を増やす性質がありますので、手遅れにならないうちに駆除をする必要があります。生活の安寧を考えれば、ねずみ駆除は必要なコストであると割り切ることができると思われます。